ブログ確認

Jan 25, 2016

ひとめふため

ひとめふため

以前、ネット上にて素人同士でオーディオドラマを作ろうという企画「おとつれせんプロジェクト」がございました。
その企画に提供したシナリオです。お話は童歌から始まります。

001 夜である。夜であることは会話からわかってもらうこと。列車の中である。
002 あけみ1 ひとめ
003 あけみ2 ふため
004 あけみ1と2 みやこし、よめご
005 あけみ2、ちいさくあくび。
006 あけみ1 あけみ。もう、遅いからさ。朝、ついたらね、起こしてあげる。
007 あけみ2 でも、一人で起きてるのって、あけみは寂しくないの
008 あけみ1 なんだ、あけみ。気遣ってくれているの
009 あけみ2 だって
010 あけみ1、少し笑って。
011 あけみ1 それじゃ、あけみ。もう少し、起きていてくれる。
012 あけみ2 うん、そうする
013
014 あけみ1 窓に映る自分の顔
015 あけみ2 え
016 あけみ1 夜はさ、あけみ。列車の中が明るくて、外が暗い。だから、窓に顔を近づけても、自分の顔しか見えない。
017 あけみ2 そうだね、でも、あけみ。ほら
018 あけみ1 どうしたの
019 あけみ2 すうぅっと顔をガラスに近づけてみて。ね、あけみ、鼻の頭がガラスにくっつくくらい
020 あけみ1 はは、あけみ、変な顔
021 あけみ2 でも、あけみ。でもさ、見える
022 あけみ1 何が見えるの、あけみ
023 あけみ2 黒い瞳の向こうに夜が見える
024 あけみ1 黒い穴二つ、外の風景が見える
025 あけみ2 あけみ、遠く外灯があるよ
026 あけみ1 白い光が流れていくね、あけみ
027 あけみ2 ね・・・、あけみ
028 あけみ1 どうしたの、あけみ
029 あけみ2 いつからかな。とっても、とっても、大事なこと、忘れている気がするんだ
030 あけみ1 大事なこと
031 あけみ2 うん
032 あけみ1 大事なこと・・・。そうだね。とっても大事なこと、忘れている気がして。でも、どうしても、それが、なにか思い出せない
033 あけみ2 あけみ、人が。窓の外に人がいるよ
034 あけみ1 人って、夜だよ。誰も外にいるはずないじゃない
035 あけみ2 でも、瞳の向こうに外の人たちが見える
036 あけみ1 外の人たちって、あけみ。この列車、走っているんだよ
037 あけみ2 でも、あけみ。いるんだ、何か叫んでいるよ
038 あけみ1 ほんとだ、見える。大声で叫んでいるみたいだ
039 あけみ2 泣いている人もいるよ
040 あけみ1 みんな、泣きながら叫んでいるんだ
041 あけみ1 なんて、なんて言っているんだろう
042 あけみ2 手招いてるよ、こっちに来いって叫んでいるんだよ。ね、降りよう、みんなのところに帰ろう
043 あけみ1 帰ろう・・・。え、帰るって、どういうこと・・・
あけみ2 ねぇ、帰ろうよ
あけみ1 そうだ、あたし。どうして、列車に乗っているんだ
あけみ2 早く帰ろう、帰ろうよ
あけみ1 帰る・・・、思い出した、あたし、ベッドに、病院のベットに寝ていたんだ

044 あけみ2 あけみ、窓を開けよう、力一杯開けよう
045 あけみ1 そうだ。開けよう。帰るんだ
046 窓をがたがたと。
047 あけみ2 開かない、開かないよ
048 あけみ1 どうしても、開かない
049 あけみ2 がたついているのに
050 あけみ1 思いっきり力を入れれば
051 あけみ2 開くのに、開くはずなのに
052 あけみ1 どうしても、開かない

053 あけみ2、力無く。

054 あけみ2 苦しいよ、息が出来ない
055 あけみ1 なんだか、息苦しい、水の中にいるみたいだ
056 あけみ2 あたし、もう、だめなのかなぁ
057 あけみ1 なにいってんだよ、あたし。大丈夫だよ
058 あぶくの音、次第に大きくなってくる。列車の走行音が、あぶくに変わる。

059 あけみ1 ね、あたし。目をつぶってじっとしていな。あたしがずっと起きていて、抱きしめていてあげる。だから、きっと、きっと朝が、いつもとかわらない朝が来るからね

060 あけみ1 ひとめ
061 あけみ2 ふため
062 あけみ12 みやこし、よめご・・・

063 次第に声が小さくなる。

064 あけみ1 いつやのむさし、ななやのやつし、ここのや、とおや

終わり

 


edit this blog...

?{1=1 }
Title:
Body:
Password:
upload

message: ready to upload file.

uploaded files
(no file)