トヨタ デリボーイのベアリングを交換しました

トヨタ デリボーイのリヤハブベアリングを交換いたしました.

10年10万キロまでは、しっかり、車検をしていれば、定期的なエンジンオイル交換と30分程度の簡単な点検でほぼ問題がないのですが、10年以上が経ち、距離も20万キロとなると、いろんな故障が生じます.

写真は左リヤシャフトとベアリングを抜いた様子です.

三菱 デリカトラック セルモーター不良

朝早くにお電話をいただきました.
三菱 デリカトラック、エンジンがかからないということ.
記憶では1年ほど前にバッテリを交換しています.早速、伺って、お車を確認致します.キーを回してもセルモーターが回りません.バッテリは大丈夫です、ライトもラジオも問題ありません.写真中央、縦長の部品がセルモーターです.少し省きますが、結局はセルモーターで、お客様の駐車場から乗って帰りました.
古い車でどうかなと思ったのですが、セルモーターのリビルド品も見つかり、ちょっと安心しました.

LEDバルブ TZ新商品のお勧め

LEDバルブ TZ新商品のお勧め

取引先の部品商さんの一つ、トヨタ部品京都共販株式会社さんからお勧めいただいたのがLEDバルブ.ヘッドライトのバルブ、明るいのがありますよということで教えていただきました.

HIDやLED、ハロゲンランプよりずっと明るいものが販売されているというのは存じていましたけれど、かなりの値段でもったいないなぁと思っておりました.ネットでの販売ですとずいぶん安くであるのですが、持ちはいいのかなど、不安があります.TZの新商品は従来に比べては安く、3年保証でもあるのでお勧めです.

試しに、平成一桁のダイハツ ミラに取り付けてみましたが、かなり視認性が上がりました.

これはいいなと思っています.

車検、下回り締め付けをする

車検というのは、とくに故障していないお車を預かり、点検と称して何万というお金をいただく、もちろん、その何万というお金の中には重量税や自賠責保険代も含まれていますけど、お客様の財布から、確実に大きなお金が出ていくのは事実です。
「車が壊れた、直しました」、それでしたら、動かなくなっていた車が動くようになったのですから、満足していただけるでしょうけれど、車検はそこのところが難しいです。
 

写真は車をリフトにて上にあげ、下廻りのボルトやナットの締め付けを確認し、確認したボルトナットは黄色で印を付けている様子です。
車、この自動車という機械は公道を人の能力を遙に越えた速度で走る、便利であると同時にとても危険なモノです。それゆえに、公道を共有する人や他の車に迷惑をかけないよう、車の状態を一定の水準以上にしておかねばならない、結局のところ、車検というのは、ご自身が自由に車を利用するための社会的約束なのかもしれません。

エンジンオイル交換のご予約を承ります 2016.04.25 - 2016.04.30

エンジンオイル交換のご予約を承ります。

日付 4/25 4/26 4/27 4/28 4/29 4/30
午前 休み
午後 休み

◯は作業可能な日時です。

http://monobe.info/contact ご予約は左のリンクよりお願い致します。

対応車種は以下にございます。

新車売ってます ダイハツ キャスト

ダイハツ キャスト

物部自動車工業は新車/中古車も販売しております。
古いお客様でも、え、くるま売っていたの、などとおっしゃる方もありますので。

ディーゼル車の国産4車種 排ガス基準の2~10倍超過 これはひどいなと思う

ディーゼル車の国産4車種 排ガス基準の2~10倍超過 これはひどいなと思う。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201603/CK201603040200012...

フォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正問題が取り沙汰されたとき、国産のディーゼル車はどうなのかなと思いました。フォルクスワーゲンも、排ガスの濃度が既定値内に収めることができるなら、不正はしなかったでしょうし、それだけ、濃度を下げるのが難しいということ。
トヨタや三菱はフォルクスワーゲンより高い技術を持っているのか、それがわからない以上は、本当に環境対策がうまく出来ているの、と思うのは無理ないことです。
車検検査では、アクセルペダルをフルスロットルにした瞬間の排気ガス濃度を測定します。
いわば、瞬間の濃度ですから、走行時の濃度とは違います。
報道を見て、あぁそうだったかと、落胆しています。

衝撃をうけたこと 「戦争のつくりかた」アニメーションプロジェクト-What Happens Before War?-

戦争のつくりかた http://sentsuku.jimdo.com/ http://noddin.jp/war/

上のアニメーションについては、かなり衝撃を受けました。知識としては、知っていましたが、このようにアニメーションとして提示されたとき、直感的な戦争や戦争における人間関係の恐怖など、強く、心に残りました。

メンテナンスパックって必要なのかなぁと思う

メンテナンスパックって必要なのかなぁと思う

新車購入時など、車検パックを勧めることがあります。新車購入時に、次の車検の費用や点検代やエンジンオイル、オイルエレメントをセットにして、ちょっと、お得にした商品です。
私も新しい物好きなので、車検パックという商品が出始めてすぐに、面白そうだとチラシを集めたり、ディーラーのフロントに話を聴いて、物部自動車の車検パックをつくり、専用のチラシも作りました。

ただ、それから、もう何年経ってですが、あれ、車検パックの必要性って何かなと考えるわけです。
結論は、エンジンオイルの交換が確実にできるので、車が長持ちしやすい、くらいでしょうか。
物部自動車ではエンジンオイルは3000キロ、もしくは半年で交換してくださいとお願いしています。経験上、5000キロ、7000キロ、オイル交換をしないと、エンジンがかなり傷んでしまうからです。
車検パックという形で、半年に一度、必ずエンジンオイルを交換していれば、5000キロ、7000キロ、エンジンオイルを交換せずに走ってしまうことは、ほぼ、ないであろう、そういう意味は充分にあると思いますが、それ以外はどうかなと思うわけです。

Pages

Subscribe to 物部自動車工業 店主の考えること RSS