アクセルとブレーキペダルの踏み間違い事故の回避装置について

アクセルとブレーキペダルの踏み間違いによる事故が増えていると聞きますが、歳を取ればとるほど、瞬間の判断が難しくなるのでしょうか.

踏み間違いで検索してみますと、4点ほど、後付け出来る防止装置がありました.もっと探せば他にもあるかもしれません。

stopペダルとワンペダルはペダルの機構を変えるもので、ペダル見張り番とTCはコンピュータと接続します。

コンピュータに接続するタイプは、ここ数年の新しい車でないと対応できないと思います.私的には機械的に作動するstopペダルかワンペダルの方が確実性が高いかなと思います.
stopペダルは、軽くアクセルペダルを踏んでいるときは、普通にアクセルペダルとして作動しますが、ぎゅっと踏み込むとブレーキペダルとして働きます.もちろん、アクセルペダルの隣にはブレーキペダルがちゃんとあります。

ワンペダルはペダルを一つにしてしまい、ペダルをつま先で横に動かすと、アクセルとなり、踏むとブレーキになるというものです。
とっさにペダルを動かすときは、まずはペダルを踏み込むであろうということで、このような仕組みになっているようですね。

私は新車を購入される場合、お値段やデザインはもちろんだろうけれど、安全性ということをもっと考えてもらえたらなと思います.
こういった誤作動防止のついた車は軽自動車でもあります。これの有り無しを選択基準にして欲しいと思っています.