メンテナンスパックって必要なのかなぁと思う

メンテナンスパックって必要なのかなぁと思う

新車購入時など、車検パックを勧めることがあります。新車購入時に、次の車検の費用や点検代やエンジンオイル、オイルエレメントをセットにして、ちょっと、お得にした商品です。
私も新しい物好きなので、車検パックという商品が出始めてすぐに、面白そうだとチラシを集めたり、ディーラーのフロントに話を聴いて、物部自動車の車検パックをつくり、専用のチラシも作りました。

ただ、それから、もう何年経ってですが、あれ、車検パックの必要性って何かなと考えるわけです。
結論は、エンジンオイルの交換が確実にできるので、車が長持ちしやすい、くらいでしょうか。
物部自動車ではエンジンオイルは3000キロ、もしくは半年で交換してくださいとお願いしています。経験上、5000キロ、7000キロ、オイル交換をしないと、エンジンがかなり傷んでしまうからです。
車検パックという形で、半年に一度、必ずエンジンオイルを交換していれば、5000キロ、7000キロ、エンジンオイルを交換せずに走ってしまうことは、ほぼ、ないであろう、そういう意味は充分にあると思いますが、それ以外はどうかなと思うわけです。
これが、新車ではなく、10万キロ走っている車でしたら、半年毎に点検をするのはありかなと思います。10万キロを越えると、あちこち、痛みが出てきますから、点検のしがいがあります、逆に新車の1年点検と言っても、うーん。

こういったことを考えますと、少なくとも10万キロまでは、車検パックの代わりに、エンジンオイルパックとでも言いましょうか、距離に関わらず、半年毎にエンジンオイルを交換しますよ、という方がずっといいのではないかなと思います。

エンジンオイル交換のためには、車の下に入りますから、下回りにオイル漏れや水漏れがないかわかりますし、ゴムがひび割れしてたり、亀裂を起こしていればすぐに分かります。
エンジンオイルを入れるときは、ボンネットを開けますから、冷却水が漏れていないかどうか、ウォッシャー液が減っていないか、見えます。目をつぶってエンジンオイルを交換するわけにはいきませんから。
エンジンルームにはブレーキオイルのタンクもありますから、もしも減っていたら、ブレーキオイルが漏れているか、ブレーキパッドが減っているか、ともかく異常を察知することができます。
エンジンオイルを抜いて入れるだけでも、それだけのことが特別なことをせずに見えるわけです。
そして、タイヤの空気はパンクしていなくても自然と減ります、タイヤのゴムは少しずつ空気を通します、なら、エンジンオイル交換の後、タイヤの空気を調整しておけば、故障を修理するためにお預かりした車でない以上、何処を点検すればいいかなとなるわけです。

そんなにお金をかけなくても、という気分ですね。