バッテリ交換のお勧め

ここしばらく、バッテリの交換が続いています。
寒いとバッテリの交換が増えますね。
バッテリ内部では、化学反応で電気が発生します、寒いと化学反応が鈍くなりますので、弱っているバッテリではセルモーターを作動させるだけの十分な電気を用意できません。
セルモーターとは、エンジンをかけるときの電動モーターで、電気が足りなくて十分回らないとエンジンはかかりません。
でも、エンジンをかけようとキーを捻るなり、押すなりすれば、ガソリンは燃焼室に入ってきますし、そのガソリンが燃えなければ、どんどん、スパークプラグが濡れてきまして、火花が出なくなって、余計にエンジンがかからなくなります。

基本は、スパークプラグを取り出し、電極を掃除して、バッテリも新しくすれば、今までエンジンがかからなかったのが嘘のように、気持ちよくエンジンがかかります。
バッテリの寿命は、およそ3年ですので、3年過ぎれば、作動していても交換するのが安心ではあります。
そこが、ま、難しいところで、できれば、バッテリも使い切りたい、もったいないですから。
物部自動車も新しいバッテリテスターを用意していますので、ご来店いただければ、無料で測定します。バッテリが交換必要な状態であれば、バッテリ代を申し上げますが、ホームセンターや他店と比較されて、お考えいただければと思っています。

なお、ハイブリッド車も普通のガソリン車と同じく12Vのバッテリが積んであります。コンピューターですとか、ライト、オーディオ等など、12ボルト仕様ですから、普通のバッテリも必要となります。
多分、ガソリン車よりも、ハイブリッド車の方が、バッテリが上がったときの影響は大きいのではないかと思います。ハイブリッド車だから、バッテリを交換しなくても良いと思っていらっしゃる方が存外多いような気がするので、ちょっと付け加えさせていただきました。