物部自動車工業のご説明

物部自動車工業は、京都市西京区、洛西ニュータウンの近く、大原野にある自動車 車検整備認証工場です。
物部自動車工業への連絡先はこちらです。 info@monobe.info
住所 京都市西京区大原野上里北の町666 電話 075-331-2330
地図はこちら社団法人 京都府自動車整備振興会のページをご覧くださいませ。

先生が楽しい! 道徳授業の作り方

先生が楽しい! 道徳授業の作り方
毛利豊和著 三晃書房刊

https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000033912212&Action_id=121&Sza_id=GG


私は人に誇れる学歴もないし、人に何かを教えるのも苦手だ。随筆家岡部伊都子は自分には学歴はないが病歴はあると言っていた。残念ながら、いや、幸い、私にはたいした病歴もない。

そういう意味では、教師向けに書かれたこの本は私の立場から考えれば、随分と遠くにある本なのかもしれない。
ただ、読んでいると面白い。教師と生徒との関わり、葛藤とでもいうのか、垣間見られる。無料塾などに関心ある身としては面白いなぁと思う。

P93 道徳はどんな力がつくのですかという問いに、「よりよく生きていこうとする力」です。と答えている。
私自身が学生時代、それから、こんなおっさんになるまでの間、果たして、よりよく生きていこうという力を持っていたか、適切な選択をしてきたかというと、甚だ心もとない。常にとまでは言わないが、多くの選択を、自分自身が考えて選んできたというより、実はそうでもなく、自分で考えずに流れで、また、年長者の考えになんとなく沿って、選んだということも多い。
よりよく生きていくには、自分で考えて行動するという経験を繰り返すしかない、自分で考え決定した選択が、適したものではなかったとき、それはもう、自分で責任をとるしかない。いや、自分で意識的に選んだからこそ、責任をとることが出来る。

人生なんて、短いものだから、なんとなく過ごしてしまうのはとてももったいない、生きるために、よりよく自分の人生を生きるためには、よりよく生きていこうという意志、もしくは気分を携えて生きていかねばならないけれど、そのために判断し、考えていく、そういう授業を子供の頃からするのは、とても大切なことだろうと思う。

P14 「台所にあるリンゴ」、これは特に面白かったし、好きな授業だ。
、改めて、世界は学び、教えてくれることに溢れているなぁと思う。具体的なことは、この本を読んでいただくか、いやいや、何処かで著者毛利豊和氏に、大人相手の公開授業をしてもらえればいいなぁと思う。