藤袴と和の花展2015 を見に行く

藤袴と和の花展2015 を見に行く。京都駅を降り、西口からゆらゆら歩く。西に向かって歩き、タキイ種苗株式会社を右に、左に線路を見ながら歩く。梅小路公園、朱雀の庭。ここ、毎年、見に行ってます。入りますと、案内人の藤井さんが、たくさんの人たちに解説されています。私もなるほどと頷きながら聴き入っておりました。赤色の花は仙翁草です。京都は嵯峨 鳥居本に、哀しくも美しい民話が仙翁草にはあります。詳しい話を忘れてしまったので、検索してみたのですが、出てきませんね。多分、右京区の図書館や学校の図書室にDVD 「右京の民話 時代がかわっても伝えていきたい話がある」NPO 京都の文化を映像で記録する会 があると思いますので、機会がありましたら、ご覧ください。