ダイハツ ハイゼットカーゴ S200V エンジンかからず、初爆もなし

ダイハツ ハイゼットカーゴ S200V 初年度平成16年。エンジンがかからないということでお預かりしました.セルモーターはしっかり回るのですがエンジンはかからない.助手席の座席をあげて、エンジンキーをオンにしてみると、フューエルポンプの駆動音が全くしません.つまり、燃料が送られてこないためエンジンがかからない.なお、スパークプラグの火花は念のため確認しています.

経験上、ポンプに異常があることが多いのですが、フューエルポンプの点検要領がフローチャートにありますので、それに従い異常箇所を探していきます.フューエルポンプリレーが助手席下にありますので、そこから始めます.
リレーボックスの電圧やリレー単体を調べていきます。
フューエルポンプは外すの時間がかかりますので、外したはいいが、正常だった場合、無駄になってしまうため、周辺から調べて行きます.

作業中、ふと思ったのですが、キーをONにした状態で、ポンプの駆動電圧を測れば、ポンプの不良をすぐに確認できるのではと考えました.
試しに測ってみると、バッテリ電圧が来ていません.
回路図を見ると、ポンプリレーの動作電流が、コンピューターに入って行きます.
コンピューターはブラックボックスですから、どんな作動をしているのかわかりませんけど、簡単なポンプ制御をしているようですね。
多分、大きな事故をしたとき、ガソリンが流れつづけないようにコンピュータ制御をしているのだと思います.
ですから、点検フローチャートにもポンプ電圧を測る指示がなかったのだろうと思います.

最終、燃料タンクを降ろし、ポンプの交換となりました。
かなりの錆、また、後日、画像を載せようと思います.