ダイハツ ミラ L275S 車検作業

ダイハツ ミラ L275S 車検作業を終え、車検用書類を書いております.写真はミラのスパークプラグ、車検時に取り外したものです。
これの先端に火花が飛び、ガソリンを点火します.
画像が小さいので見にくいですが、先端にスラッジが電極を被うように付いています.これでは、綺麗に火花が飛びませんので、掃除、もしくは交換となります.

低燃費の車も増えてまいりましたが、こういったスパークプラグが劣化しているだけでも、燃費が悪くなったり、加速が落ちます.新しい車ほどこまめなメンテナンスが必要となります。
なお、白金プラグやイリジウムプラグが軽自動車にも多く使われるようになりました。こういったスパークプラグは、およそ10万キロ利用可能と言われていますが、軽自動車の場合は、おおよそ片極だけが白金やイリジウムであり、10万キロは保ちません.