ガリバー運営会社に措置命令=「10年保証」実は別料金―消費者庁 保証って何だろう

ガリバー運営会社に措置命令=「10年保証」実は別料金―消費者庁

時事通信 / 2017年12月8日 16時30分
https://news.infoseek.co.jp/article/171208jijiX846/

ガリバーで車を購入すれば自動的にエンジンやエアコンなど主要部品の10年保証が付いてくると思ったら、間違いで、オプションで10万から30万円かかる、誤認させたということで、処置命令がなされたわけだれど、記事を読んで考える。

いまの車で10年以内でエンジンが、もしくはモーターが壊れることはないと断言してもいいのではないかと思っていたりする。先日の軽トラックのエンジン載せ替えでは、山道に転がっていたブロックに乗り上げて、水回り破損のまま乗っていたので、冷却水漏れによりエンジンが焼けた。こういうのは保証はしてくれないだろう。
普通に使っていて、何事もなく、でも、自然とエンジンがつぶれた、この設定は厳しいなと思う。

エアコンは、ひょっとしたら10年は保たない車もあるかもしれない。エアコンガスの漏れは生じる。

トヨタ プリウス ZVW30 補機バッテリを交換する

トヨタ プリウス ZVW30 補機バッテリを交換しました。

電装関係などは12Vで作動していますので、補機バッテリが劣化してしまいますと、ハイブリッドといえど、動かなくなってしまいます。利用状況にもよりますが、5、6年経てば、交換も考えてもいいのではと思います。

バッテリの設置場所はトランク右側。バッテリのサイズはS36B20R

 

 

スズキ スペーシア 12月 モデルチェンジ

スズキ スペーシア 12月 モデルチェンジですね。買い物から、お子様の送り迎え、そういった近場の便から、ドライブや旅行にもいいかもしれません。ハイブリッド車でしたら、燃費も良いですし、室内が広いと足を伸ばしてくつろぐことも出来ます。
モデルチェンジに伴って、新機能がありますが、この「ヘッドアップディスプレイ(フロントガラス投影式)」が軽自動車初です。
フロントガラスにメッセージを表示することで、視線を落とさなくても確認することができます。
よく、事故の話で足元に落ちたものを拾おうとしてぶつかったということを聞きます。運転中は視線を落とすことはできるだけ避けたい。
そのためにも、優れた機能だと思います。
まだ、私が学生時代、もう、30年近くになりますが、電子部品を生産しているテキサスインスツルメンス社発行の電子制御を解説した書籍で、未来において、フロントガラスにメッセージを表示するようになるよ、と書いてあり、SF映画のようだなと思った記憶があります。
隔世の感があります。

物部自動車も新車販売をしていますので、よろしければお声をお掛けくださいませ。

平成29年度 整備主任者法令研修会 タカタ製エアバックのことなど

平成29年度 整備主任者法令研修会に参加してきました。

自動車の検査・整備作業に必要な研秀です。専門的なことをここに書く必要はないでしょうけれど、いくつかの話の中で、タカタ製のエアバックの話がありました。現時点では、エアバックのリコール作業をしているしていないに車検の合否は関係していませんが、今後、タカタ製のエアバックリコールを実施していない車両は、車検に合格させない、方向へと進むようです。
まだ、決定ではありませんし、その時になってみないとわかりませんが、まだリコールを受けておられない場合は早めに作業をしてもらう方がよいかなと思います。

それぞれのメーカサイトにリコール検索ページがございますので、それで、インターネットからご自分のお車が対象であるかどうか確認することが出来ます。

軽トラ自作キャンパー、いま、こんな感じです

軽トラ自作キャンパー、いま、こんな感じです。こんな感じの骨格です。規定では、走行時の全高が2メートル50センチらしく、あと、30センチくらいは背を高くできたかなと思います。
写真は停車時の様子です。
次は一度、骨組みをすべて外して、床を作ります。
断熱材 スタイロフォームを敷き詰めて、12ミリの合板で床を作り、その上に骨組みを設置していく予定です.
窓と入り口を決めたら、それに合わせて骨組みを補強して壁と屋根を張る.
壁を明るい色を基調にしたいですね。

ダイハツハイゼットトラック オプション 衝突警報セット

ダイハツハイゼットトラックのアクセサリーカタログを見ておりますと、オプションで「衝突警報セット」というのがありました。
衝突防止のために警報を鳴らすようですね.
物部自動車のお客様には軽トラックを利用されている方も多く、軽トラックに自動ブレーキの設定がないことを残念に思っていました。

このオプションはあくまでも警報を発するということで、人の代わりにブレーキを踏むまではいかないようですが、それでも、衝突やふらつき運転に警報を出してくれるだけでも良くなったなぁと思います.

軽トラックキャンパーというのは面白そうですね

荷台の箱をシェルというらしいですが、軽トラックに箱を載せて、キャンピングカーを自作するということで、そういうのを自作の軽トラキャンパーというらしいですね、本で読みまして、これは面白そうだと作っております。
詳しい知識はないので、こんな感じかなと気分で作っております.
最後まで作りきれるか、少々不安でありますが、作るということが楽しいですね。

新車・中古車の販売しています

物部自動車は整備専門であるだけではなく、普通に新車・中古車を販売しています.
あらたにお車の購入をお考えの時には、ぜひ、お問い合わせくださいませ.

物部自動車工業問い合わせ info@monobe.info

スタッドレスタイヤ 販売中です

スタッドレスタイヤ販売中です.11月に入り、物部自動車でも、スタッドレスタイヤ交換に忙しくなってきました。

今年の冬は早いとも聞きます.

物部自動車でも、スタッドレスタイヤを販売しております.
初めてスタッドレスタイヤをお求めになる方、また、いまのスタッドレスタイヤを3、4年利用されている方は、一度、物部自動車にお問い合わせくださいませ。

タイヤのサイズを教えていただければ、お見積もりをご用意できると思います.
また、ホイールセットの場合は検査証の初年度と型式の項目を教えていただく必要がございます。

問い合わせ info@monobe.info

ダイハツ ハイゼットカーゴ S200V エンジンかからず、初爆もなし

ダイハツ ハイゼットカーゴ S200V 初年度平成16年。エンジンがかからないということでお預かりしました.セルモーターはしっかり回るのですがエンジンはかからない.助手席の座席をあげて、エンジンキーをオンにしてみると、フューエルポンプの駆動音が全くしません.つまり、燃料が送られてこないためエンジンがかからない.なお、スパークプラグの火花は念のため確認しています.

経験上、ポンプに異常があることが多いのですが、フューエルポンプの点検要領がフローチャートにありますので、それに従い異常箇所を探していきます.フューエルポンプリレーが助手席下にありますので、そこから始めます.
リレーボックスの電圧やリレー単体を調べていきます。
フューエルポンプは外すの時間がかかりますので、外したはいいが、正常だった場合、無駄になってしまうため、周辺から調べて行きます.

作業中、ふと思ったのですが、キーをONにした状態で、ポンプの駆動電圧を測れば、ポンプの不良をすぐに確認できるのではと考えました.
試しに測ってみると、バッテリ電圧が来ていません.
回路図を見ると、ポンプリレーの動作電流が、コンピューターに入って行きます.

Pages

Subscribe to 物部自動車工業 京都にある車検整備認証工場 RSS