monobe's blog

車検作業 リヤブレーキシュー 破損

ダイハツ ハイゼットトラックの車検作業にてリヤブレーキを分解しましたところ、リヤシューが破損しておりました。写真、上が新しいブレーキシュー、下が取りはずしたものです。
こういった破損はブレーキテスターだけでは、わかりません。実際にブレーキを分解して初めてわかります。このまま使用しておりますと、いずれほとんどはがれてしまい、ブレーキがきかなくなってしまいます.
車検は単純に合格すればよいだけではなく、公道を走る乗り物として、これから2年間、できるだけ、安全であるようにと願い作業をしています。

日産マーチ ドアミラー格納用モーターを交換

日産マーチ ドアミラー格納用モーターを交換日産 マーチ 車検でお預かりしましたところ、左のドアミラーが格納しないということでした。ドアミラーカバーの先端に当たった跡があります。リトラクタブル、この電動で格納するドアミラーは走行中、例えば電信柱に軽くでも当たったりすると、格納が出来なくなったりすることがあります。こういう場合、ドアミラー一式を交換しなければならないこともあるのですが、今回、日産部品に問い合わせをしますと、格納用のモーターだけでも販売できますということでしたので、モーターだけ取り寄せました。手前が新しいモーターです。交換するにはドアミラーのコネクターを外す必要があります。このようにモーターだけを交換しようという場合は、コネクターの分解、ユニットからのモーター取り外し、鏡の取り外しなど、手順が増えますが、お値段はドアミラー一式を交換するに比べて、随分とお得になります。  

トヨタ WISH 車検作業 ブレーキ点検作業 一部

トヨタ WISH 車検作業 ブレーキ点検作業 一部フロントブレーキのローターディスクとブレーキパッドの写真です。
真ん中のディスクはタイヤと連動します。このディスクをディスクパッドで左右から押さえ込むことでブレーキが効きます。
ディスクパットの外側が赤錆に覆われています。
フロントブレーキの点検では、このフロントパッドを取り外し、ひび割れや磨耗がないかの点検をします。また、赤錆はパッドに取り付けた鳴き防止の金属のシムが錆びているわけで、綺麗にとってグリスを塗布します。
また、パッドを動かしているピストンにオイル漏れがないかを確認します。
漏れがある場合はオイルシールの交換をします。

タイヤ交換のお勧め

タイヤ交換のお勧めタイヤ交換のお勧め車が地面に接地しているのはタイヤだけです。そのタイヤが磨り減ったりしていますと、かなり危険です。
写真にありますのは軽自動車用のタイヤですが、使いすぎますと、溝が無くなり、ワイヤーが出始めたりします。
雨の日のなど、スリップして、ハンドルが効かなくなるかもしれません。一つのものを使い切るのも大切ですが、写真のようになるとかなり危険です。一度、御自分のお車のタイヤをご覧いただくことをお勧めいたします。

スズキ ワゴンR スティングレーを納車する

物部自動車工業は、小さなお店ではありますが、車の販売もしております。幸い、お声をかけていただくことも多く、ありがたい限りです。
さて、写真は納車前の新車ワゴンR。

20091223-NEC_0131.JPG


こうやって新しいお車を納めさせていただく時、いつも、思うことがあります。
このワゴンRも百数十万円、大きな買い物です。
これだけの大きなお買い物、
なにとぞ、ご満足をいただけますように。
3年、5年、10年、20年とお客様のお役に立ちますように。
できるだけ事故がないように、大きな修理でお金が掛からないように。
日頃、信仰心の全く無い私ではありますが、お客様と新たな気持ちにてお付き合いさせていただくつもりで、こう願います。

Pages

Subscribe to RSS - monobe's blog